ニキビ・ニキビ跡・シミ・たるみ・老化を予防する【ヨモギエキス】を薬剤師が解説

化粧品

ニキビ・ニキビ跡・シミ・たるみ・老化を予防する【ヨモギエキス】

ヨモギエキスとは

ヨモギエキスは、大手化粧品メーカーも配合化粧品を次々と販売し始めている注目の成分。

ヨモギエキスのもとになるヨモギは、日本に古来からある薬草で、漢方では婦人薬としても利用されています。(艾葉(がいよう)と呼ばれています)

服用することで体を温め、止血、鎮痛作用があり、下痢などにも処方されます。

<br><br>


肌にはどんな効果があるのか、

エビデンスを元に見ていきましょう!

化粧品をみたい人は、下の記事をみてくださいね!

ヨモギエキスの効能

ヨモギエキスには以下の効能があります。

・ヒスタミン遊離抑制による抗炎症作用
・アトピー性皮膚炎改善作用
・収れん作用
・抗菌作用
・活性酸素消去能および過酸化脂質抑制による抗酸化作用
・血行促進作用
・チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用
・ACTH抑制による色素沈着抑制作用
・AGEs減少による抗糖化作用
・抗たるみ作用
・消臭作用

<br><br>


たくさんありすぎですね…笑
代表的なものを解説していきます。

ニキビ

ニキビは、角質が毛穴につまり、そこに皮脂がたまりアクネ菌が増殖することによって

炎症物質が発生しできてしまいます。

さらに皮脂が酸化して過酸化脂質になることでそれがアクネ菌の餌になり

ニキビが再発してしまいます。

ヨモギは、

・炎症物質抑制作用
・抗菌作用
・抗酸化作用

によって、

アクネ菌を攻撃し、体にできてしまった炎症物質を減少させ、

悪循環の元になる過酸化脂質を抑制してくれます。

<br><br>


ニキビの炎症抑制だけじゃなくて、予防にもなります♪

ニキビ跡

ニキビ跡はなぜできるのでしょう?

詳しくみていきましょう。

まず、ニキビ跡には3種類あります。(下図)

<img loading=
画像参照:COSTUMLIFE

ニキビ跡は、①色素沈着が原因のもの、②炎症によって毛細血管が目立ち赤く見えるニキビ跡、③凹凸になったニキビ跡の3つがあります。

ヨモギエキスは、左の①茶色いニキビ跡・②赤いニキビ跡の2つに効果が期待できます。

では、どう作用するのでしょう?

色素沈着とは、メラノサイトによって作られたメラニン色素が原因です。

そのメラニン色素は、炎症物質が原因でメラノサイトが活性化します。(下図)

<img loading=
画像参照:MENARD

ニキビは、この刺激物質を増加させ、メラノサイトを活性化させるため、シミの原因にもなりやすいのです。

ニキビができることで、大量の炎症物質が発生し、メラニン色素が発生します。

そして色素沈着を起こし、ニキビ跡ができてしまいます。

ヨモギは、

・炎症性物質の抑制
・血行促進作用
・チロシナーゼ活性(メラニン色素を発生させる物質)阻害による色素沈着抑制作用

の作用があります。

ニキビ跡の原因になるメラニン色素生成だけでなく、その元になる炎症性物質も抑えます

<br><br>


ニキビ跡を根本的な原因からアプローチしてくれる

素晴らしい成分なんですね

 

シミ

シミは、先ほどのニキビ跡と同様にメラニン色素沈着で起こります。

ニキビと違い、紫外線・ストレスでもシミはできてしまいます。

ストレスがかかると体の中では副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が分泌されます。

このACTHがメラニン色素分泌を促進させてしまいます。

体をストレスから守ろうとする反応が、メラニン色素増加につながってしまうということです。

これによりシミができやすくなってしまいます。

<br><br>


ストレスは意外と知られていないので、要チェックですね!

ヨモギは、このACTHを抑制する働きがあります。(文献2)

まとめると

<ヨモギエキスのシミ効能>
①炎症物質を抑制
②ホルモンにアプローチ

<br><br>


炎症物質だけでなく、ホルモンにも作用

いいことしかないので、逆に悪いところ探したくなります笑(性格悪い)

 

肌の弾力・たるみ

ヨモギエキスは、肌の弾力・たるみにも効果が期待できます。

2009年にポーラ化成によって報告されたYACエキス(ヨモギエキス)配合化粧品使用による肌の弾力およびたるみの変化検証によると、(文献3)

YACエキス配合・非配合の化粧品を使用する2群のグループに分けて6ヶ月の使用試験を行い、頬のたるみ量と方向別弾力の関連性を加味した新しい測定方法で測定。(難しい場合は飛ばしてくださいね)

結果は、YACエキスを配合していない化粧品使用グループと比較して、

YACエキスを配合した化粧品を使用したグループの頬の方向別肌弾力指数と見た目のたるみが改善していることが明らかとなりました。(下図)

<img loading=
画像参照:ポーラ・オルビスグループのポーラ化成工業株式会社

<br><br>


ただし、これはポーラの特殊な抽出方法によって生み出されているので、

濃度やポーラの化粧品における効果ということに注意です。

ヨモギが元になっていることには変わりはないのですが^^

糖化

「糖化」はご存知ですか?

糖化とは、タンパク質と糖質が結合することを挿します。

それだけ?と思われるかもしれませんが、その結合して生成した最終物質が体に悪影響を及ぼします。

肌の老化はもちろんのこと、アルツハイマー病・パーキンソン病などの病気にも発展する可能性すらあります。

詳しくは記事にまとめていますので、ぜひ目を通してみてくださいね!

2008年にポーラ化成によって報告されたヨモギエキス添加によるAGEs量の検証によると、

ヒトでのYACエキスの使用試験において使用前後のAGEs量を測定したところ、以下のグラフのようになりました。(下図)

<img loading=
画像参照:ポーラ・オルビスグループのポーラ化成工業株式会社

無配合群では変化が認められませんでしたが、

YACエキス配合群ではAGEs量の減少が認められ、さらにYAC配合群において肌の弾力、肌の柔軟性、黄色化の改善が認めました。

<br><br>


研究からわかるようにヨモギエキスは、ポーラの化粧品に大きな影響を与えていますね

ヨモギエキス化粧品を厳選した記事もあるので、自分の肌状態に合ったものを選んでくださいね

<参考文献>

・川嶋 善仁(2008)「メラノサイト活性化抑制剤、及び皮膚外用剤」特開2008-074777.

・ポーラ化成株式会社(2009):肌の弾力方向性に着目し、”たるみ”の新測定法開発

・ポーラ化成株式会社(2008):肌の老化因子の解明と、老化因子に有効な成分を開発

コメント

タイトルとURLをコピーしました