漢方薬ってどうなの?ニキビに効く漢方薬を西洋医学と東洋医学で徹底比較!

漢方

<br><br>


漢方って本当に効くの?と思われる方も多いのでは?

今回は、エビデンス・文献視点を取り入れながら漢方を見ていきましょう!

間違って飲んでいた、漢方ってそうなんだ!と思える内容になってます。

漢方はニキビに効くの?

漢方薬ってなんなのでしょう?

薬草?よくわからない という方も多いのでは?

漢方薬とは、

漢方薬は、自然界にある植物や鉱物などの生薬を、原則として複数組み合わせて作られた薬です。何千年という長い年月をかけておこなわれた治療の経験によって、どの生薬を組み合わせるとどんな効果が得られるか、また有害な事象がないかなどが確かめられ、漢方処方として体系化されました。

ツムラ https://www.tsumura.co.jp/kampo/info/feature/

自然界の植物というと本当に効くの?と思う人もいるかと思います。

漢方は、西洋医学のように研究・実験を積み重ねてエビデンスを作るのではなく、

治療の経験を何千年も積み上げた臨床経験(臨床実験)でエビデンスが作られているのです。

漢方はスピリチュアル・エビデンスがないという人もいますが、

最も臨床経験が豊富で、再現性の高い治療法と言えるのです。

今日は、5つの漢方薬を西洋医学・東洋医学の両方の視点からみていきます。

(*ここでいう西洋医学は、ガイドラインや文献で明記・証明されていること
東洋医学は、漢方で記されている・位置づけられていることとします)

ニキビに効果がある漢方薬 代表5選

<img loading=

西洋医学と仲良し!荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

西洋医学と仲良しな荊芥連翹湯

西洋医学ではどう位置づけられてるのか?

西洋医学
テトラサイクリン系抗菌薬と匹敵する殺菌効果(*文献2)
・抗菌薬の副作用がある患者にも有用(*文献2)
抗菌薬の併用により相乗効果あり(*文献2)

ガイドラインでは、

炎症性皮疹や面ぽうに対して選択肢の一つとして推奨する

尋常性痤瘡治療ガイドライン 2016

テトラサイクリン系抗菌薬と同等の効果があるという研究もあるほど

殺菌効果が高く、

抗菌薬の副作用で続けられない人にも処方される漢方薬です。

またテトラサイクリン系抗菌薬と併用しても相乗効果があるとの研究もあります。

西洋医学とタックを組んでいる荊芥連翹湯(けいがれんぎょうとう)

では東洋医学(漢方)では?

東洋医学
・解毒証体質と呼ばれる化膿性疾患を生じやすい者に適応。
・血行循環を調えながら炎症を抑制する。
・尋常性ざ瘡においても再発予防を含めた総合的な治療が行われる。など

漢方では化膿性ニキビ、血行が乱れている人に効果があり、

再発予防にも用いられています。

患者さんがどういう状況なのかをみているのが漢方の特徴ですね!

まとめると

<荊芥連翹湯のまとめ>
テトラサイクリン系抗菌薬との併用ができる(自分で判断しない、医師・薬剤師に相談)
テトラサイクリン系抗菌薬抗菌薬の副作用・耐性菌で使えない人に適応
血行が悪い人
化膿ニキビに悩んでいる人
ニキビが慢性的に続く人に適している

もちろん体質や併用薬で変わりますのでお近くに漢方薬局に相談してくださいね!


きちんと添付文書を読んで用法・用量を守りましょう!

重症ニキビは任せて!清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

本当に重症ニキビに効くの?

西洋医学と東洋医学それぞれを比較してみましょう↓

西洋医学
・非炎症性皮疹・面ぽうへの効果は不明
・すでに外用治療している難治のニキビ治療に、本剤を追加することで高い有用性を示した(*文献3)

東洋医学
・面部の火を鎮める強力な炎症止め。
発赤・化膿・痒みのひどいニキビに用いられる。
清上防風湯は排膿消腫の薬能がつよく、ぼこぼこと吹き出す大きめの膿疱・嚢腫に適応する。

西洋医学・東洋医学どちらも難治のニキビに効果的であると位置付けていますね!

一方で、西洋医学では非炎症性皮疹にはエビデンスが少なく効果が不明としています。

非炎症性ニキビではなく、ぼこぼこしたニキビにおすすめの漢方薬です。

<清浄防風湯のまとめ>
非炎症性ニキビ・面ぽうには効果が不明
赤みや化膿・かゆみがひどい場合に適している
難治性ニキビに適している


きちんと添付文書を読んで用法・用量を守りましょう!

<img loading=

毒素を出す!軽症ニキビに 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

病院で十味敗毒湯を処方されたことがある方も多いのでは?

西洋医学と東洋医学それぞれを比較してみましょう↓

西洋医学
・ガイドラインには炎症性皮疹に対し選択肢の一つとして推奨すると記載(*文献1)
・抗生剤と同等の抗菌作用をもつ

では、東洋医学では?

東洋医学
毒を10種類の生薬で毒素を取り除く「十味敗毒湯」
化膿を抑え、皮膚の腫れや赤み、かゆみを取る
軽症ニキビに用いられます

十味敗毒湯は、炎症ニキビに効果がありますが、黄ニキビが比較的少ない赤ニキビに使われます。

<十味敗毒湯のまとめ>
・西洋医学ではエビデンスが少ないとするものの、ガイドラインでは炎症性皮疹で推奨
毒を出し、化膿を抑え、赤み、かゆみをとる
軽症ニキビに適している

もちろん体質や併用薬で変わりますのでお近くに漢方薬局に相談してくださいね!

きちんと添付文書を読んで用法・用量を守りましょう!

血の巡りのことなら任せて!桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

血の巡りが悪い・溜まっている状態を「瘀血」と言います。

瘀血を改善させれてくれることで有名な桂枝茯苓丸

西洋医学と東洋医学それぞれを比較してみましょう↓

西洋医学
・臨床集積研究において有効性が示されている
・ガイドラインにおいては、処方してもよいが、推奨はしないと評価
月経前に服用することで生理によるニキビ悪化を抑えたという報告も(*文献4)

東洋医学
・ニキビの瘢痕や内出血によるニキビ痕を「瘀血」と捉え、長期服用することで取り除く。
軽度の面皰に対して薏苡仁を加えて用いられることが多い。
単独だと炎症傾向の強いニキビには無効。
*炎症が強いと悪化させることもあるため注意が必要である。

ガイドラインには推奨はしないとありますが、

生理によるニキビ悪化を抑えたとする文献もでています。

また、ニキビ跡にも効果が期待できるので即効性というよりは長期服用で肌を変えていくような薬になります。

<桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)のまとめ>
・西洋医学では、臨床集積研究において有用性が示されている
・ガイドラインには、処方の推奨は明記されていない
・炎症の強いニキビには無効
血の巡りを良くすることから、ニキビ跡に効果がある


きちんと添付文書を読んで用法・用量を守りましょう!

軽症ニキビに◎当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散も桂枝茯苓丸と同様に

瘀血を改善する漢方薬として有名です。

西洋医学と東洋医学それぞれを比較してみましょう↓

西洋医学
・2016年ガイドラインに明記なし(*文献1)
月経後に服用することでニキビ悪化を抑えたとする報告も(*文献4)

東洋医学
・炎症が弱くただ白い膿疱をぽつぽつと発生させるニキビや、いつまでも残存して消えにくい面皰に用いる。
・婦人科系に用いる代表方剤

ガイドラインに明記されていませんが、

月経後に服用することでニキビ悪化を抑えたとする文献もあります。

重症ニキビというよりも軽症ニキビで炎症性の弱いニキビに適していると考えられます。

<当帰芍薬散のまとめ>
・2016年ガイドラインに明記なし
月経後に服用することでニキビ悪化を抑えたとする報告も
非炎症性ニキビに効果あり
残存ニキビに効果あり

きちんと添付文書を読んで用法・用量を守りましょう!

いかがでしたか?

漢方薬はそれぞれの特徴があり、対象の体質、ニキビも変わります。

それぞれを併用することでより改善したとする文献もあります。(*文献4)

個々人で種類・服用量も変わりますので、漢方薬局に相談してみてくださいね!

<参考文献>
1. 林 伸和,赤松浩彦, 岩月啓氏ほか:尋常性痤瘡治療ガイドライン 2016: 日皮会誌 126

2. 橋本喜夫,松尾忍,飯塚 一:痤瘡に対する荊芥連翹湯の使用経験.:第12回皮膚科東洋医学研究会記録 1994 p46-53

3. 堀口祐治,松本いづみ,唐崎 健一郎:尋常性痤瘡に対する清上防風湯エキス顆粒・多剤併用療法の治療効果:皮紀要92: 407-412.1997

4.具志 明代, 郡山 千早ほか:標準的皮膚科治療に抵抗性の痤瘡に対する漢方治療の有効性の検討:日本東洋医学雑誌 67 巻 (2016) 2 号

ご相談フォーム

    漢方
    limpioをフォローする
    漢方薬剤師 Limpio りんぴお 

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました