【頬のニキビ】を今度こそ治す!対策と予防

場所別ニキビ対策

頬のニキビは、顔全体に広がってしまいやすく、大量にできてしまうのが特徴です。

世代でできる原因が変わりますので、自分に当てはまるものを取り入れてくださいね。

片方だけにできる場合

全世代共通

片方だけにできている場合、2点気をつけてください。

①ニキビができている頬を下にして寝ている

横になって寝ている場合、寝具が清潔でないとニキビができやすくなってしまいます。

癖はなかなか変えられないので、まずは寝具をきれいにしましょう^^

②同じ姿勢でずっと過ごしている

姿勢の歪みから循環の乱れの可能性もあります。

血流の流れが悪いと肌のターンオーバーにも支障がでますので、

座ってばかり・同じ体勢で過ごすことが多い人は、ストレッチや運動を意識して行いましょうね。

片方ニキビができる場合に気を付けることは、

①寝具を1週間に1回洗うこと
②こまめなストレッチ、運動を意識的に行い、体の血の廻りをよくする

両方の頬にニキビができる場合

【10代・20代】頬ニキビの治し方

頬は、胃・肺・大腸を中心とした臓器の反射区になります。

つまり、胃・肺・大腸の状況が悪いと肌状態も悪化するということです。

下の写真は、顔の反射区を示したものになります。

<img loading=

あなたは頬のどこにニキビがありますか?

漢方では、内臓に熱を持つと負担がかかりニキビができると言われています。

例えば、熱によって肺の働きが乱れると、皮膚にまで十分な栄養がめぐらなくなります。

そのため、皮膚の働きを支える栄養が取れず、また血の巡りも悪くなり、うっ血や充血がおこります。

そしてニキビができてしまいます。

では、熱は何から生まれるのでしょう?

甘いもの辛いものやあぶらっこいもの、熱いものや味の濃いものの食べすぎ

で熱が生まれます。

この熱が胃で発生し、上昇して肺の働きを妨げると、ニキビがあらわれます。

<img loading=

少し難しいですが、

つまり、甘いもの・辛いもの・脂っこいもの・濃いものを大量に食べると熱が発生し、ニキビができてしまうというわけです。

他にも特徴としては、頬ニキビは“小麦類”を食べると出やすい傾向があります。

シリアル、クッキー、お菓子、ケーキ、パン、みんな小麦粉なんです。

気づいていない間に小麦粉を大量に摂取しているんです。

なるべく小麦ではなく、米粉パンやごはんに変えてみてくださいね。

ここで注意です。

よし!今日から小麦食べない!という方は、ちょっと待ってくださいね。

食生活をコントロールするポイントは、

食生活を一気に変えないこと

例えば毎日カツ丼、ケーキ、唐揚げを食べていた場合、初めは3食中1食だけに減らしてみる。

それが慣れてきたら2日に1回に減らしてみる。

今日から一切食べない!とすると無性に食べたくなり、どか食いの原因になります。

ダイエットのリバウンドと一緒ですね。

痩せたらニキビも減った!とよく言われるのは理にかなっているのです。

食生活をコントロールすることで、ダイエットもできて同時にニキビも治すことができます。

手軽に飲める!おすすめ漢方薬

肺に熱が溜まってニキビができてしまった場合

熱を追い出す漢方を使いましょう!

おすすめなのが

・清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
・荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

の2つです。

覚えなくて大丈夫ですよ◎

【第2類医薬品】ツムラ漢方清上防風湯エキス顆粒 48包

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)は、

熱を追い出すだけでなく、化膿しているニキビにも効果があります。

ぼこぼこと大きいニキビはできていませんか?

そんなニキビができている人はぜひ試してみてくださいね。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)も化膿性ニキビに効果が高いです。

血行循環を整えながら、炎症を抑えます。

皮脂分泌が多く、赤ニキビ・黄色ニキビがでると言う人におすすめです。

・胃腸が弱く下痢が多い
・妊婦さん

は控えてくださいね

一般の健康体であれば問題なしです。

予防と改善どちらもしていきましょう。

肌ケア方法

ビタミンCを塗る

なぜビタミンCが必要なのか?

ニキビの原因
①毛穴が詰まりやすくなる
②皮脂の過剰分泌

この2つが原因となってニキビは発生します。

ビタミンCは、この2つに作用することができます。

<ビタミンCの効果>
・チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用
・ドーパキノンおよび黒化メラニン還元による色素沈着抑制作用
・活性酸素消去能による細胞保護・抗酸化作用
・紫外線照射における紅斑抑制・抗炎症作用
・コラーゲン合成促進による抗老化作用
皮脂分泌抑制作用

ニキビ原因①の”毛穴が詰まりやすくなる”のは、

炎症性物質であるサイトカインが関連しています。(難しい場合は太字だけ読んでくださいね◎)

サイトカインが発現することで、ケラチノサイトという表皮を占める細胞が過増殖してしまい、

毛穴がつまるというメカニズムです。

つまり、この炎症性サイトカインが毛穴のつまりを起こしやすくしているということです。

ビタミンCはサイトカインの増加を抑制する効果があります。

ニキビの原因②の”皮脂がでやすくなる“のは、

男性ホルモン増加などによって皮脂が過剰に分泌することが原因にあげられます。

ビタミンCは皮脂分泌を抑制する作用もあり、原因②にも効果的です。

ただし原因①・②は、単独で起きるわけでなく、複合的に起こります。

なので、ビタミンCは複合的に発生した原因に対して両方に作用することができるんです。

一方で

ビタミンCは、不安定という性質があり、これまで改良が繰り返されてきました。

今は多種類のビタミンCがあってどれがいいかわからない人も多いと思います。

ニキビ肌に特化したビタミンCは、4つあります。

<ニキビ肌に特化したビタミンC>
・L-アスコルビン酸2-グルコシド
・アスコルビルグルコシド
・リン酸L-アスコルビルマグネシウム
・リン酸アスコルビルMg

もちろん覚えなくて大丈夫です◎

これらを含んだ化粧品を使うことで、より効率的にニキビを治すことができます

ニキビに特化した成分を含んだ化粧品は、メラノCCなどが代表的です。

メラノCC 薬用しみ・そばかす対策 保湿クリーム Wのビタミン配合 23g

メラノCCがなぜニキビに良いのか?

<img loading=

ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸2-グルコシドが配合されている
ビタミンE誘導体(2-トコフェロール酢酸エステル)が配合されている

先ほどお話したニキビ肌に特化したL-アスコルビン酸2-グルコシドが高濃度で含まれています。

繰り返しになりますが、

ただビタミンCを塗るのではなく、

ニキビ肌に特化した種類のビタミンCを塗って効率的にニキビを治すことが大切です。

また、ビタミンEの抗酸化作用は、皮脂が酸化することを抑えます

皮脂が酸化することで毛穴が詰まりやすくなり、さらに皮脂分泌も増加するため、

ニキビ肌になる負の連鎖が生まれてしまうのです。

なので、ビタミンEは、その負の連鎖を止めてくれる救世主でもあります。

話をビタミンCに戻して、

ビタミンCのデメリットは、乾燥と刺激が強いという点があげられます。

もし粉がでるくらい乾燥がひどい場合は、ニキビだけに塗るなど局所的に使いましょう。

メリットとデメリットをきちんと理解して効率よくニキビを治しましょう!

Amazon | メラノCC 薬用しみ・そばかす対策 保湿クリーム Wのビタミン配合 23g | メラノCC | 保湿ジェル 通販
メラノCC 薬用しみ・そばかす対策 保湿クリーム Wのビタミン配合 23gが保湿ジェルストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

メラノCCは、刺激が強いまたは肌に合わない場合は、

保湿力のある低刺激のものを選びましょう。

【クレアス】フレッシュリジューシドビタミンドロップ(35ml)|韓国コスメ・純粋ビタミンC・ピュアビタミンC・ビタミンCセラム・美白・角質・低刺激|[dear,klairs] Freshly Juiced Vitamin Drop 35ml

ヴィーガン認証を受け、動物性の原料を使用していない低刺激のビタミンC美容液です。

ゆずエキス・グレープフルーツエキス・ブロッコリーエキス・オレンジ・ラベンダー・緑茶など植物由来成分だけでなく、

シャクヤク・ダイオウ・オウレンなどの漢方成分も含まれています。

シャクヤクを例にあげると

<シャクヤクの効果>
・チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用
・ヒアルロン酸の断片化抑制活性による抗炎症作用
・弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用
・セラミド合成促進による保湿・バリア改善作用
抗シワ予防(作用機序が複数あるためまとめました)

記載したのは効能の一部ですが、これだけたくさんの効果がシャクヤクにはあります。

すべての人に合うわけではありませんが、

乾燥が気になるけれど、ニキビができやすい方は、

試してみることをおすすめします。

【20代以降】頬ニキビの治し方

20代以降の場合、「大人ニキビ」と言われるニキビになります。

大人ニキビは、ホルモンに影響されている可能性が高いです。

またニキビの状態は、10代と違います。

大人ニキビに影響を与えるホルモンは、「男性ホルモン」と「ストレスホルモン」です。

「男性ホルモン」は、皮脂を増加させたり、毛穴を詰まらせやすくしてしまいます。

「ストレスホルモン」は、男性ホルモンの威力を強化させてしまいます。

大人ニキビは、こちらの記事に詳しく書いていますので、目を通しておいてみてくださいね

大人ニキビを治すポイントは

・保湿重視(肌の水分量が足りていないため)
・ホルモンバランスを整える

大人ニキビで一番抑えて欲しいのが”水分量”です。

皮脂がでてニキビがでているからといって、化粧水・乳液を塗らないでそのままにしていませんか?

良くなりましたか?

治らない場合は、やり方を見直さないなければなりません。

大人ニキビは、思春期ニキビと違って水分量が圧倒的に少ないです。

保湿を疎かにすると悪化すると断言させてください。

次にホルモンバランス

ホルモンバランスってイメージ湧きにくいですよね。

抑えて欲しいのは、”緊張状態が続いていないか”

ということ

きちんと心と身体の両方がリラックスできていますか?

ホルモンバランスが崩れるということは、心身が無理している状態を続けているということです。

ストレス発散をする、エステにいく、アロマをかぐ、

自分にあったものを見つけて自分をちゃんといたわりましょう。

手軽に飲める!おすすめの漢方薬

ホルモンバランスを整える(男性ホルモンを抑える作用のある)

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

がおすすめですよ

・胃腸がとても弱い
・体が弱い

という方は控えてくださいね。

一般の健康体であれば問題なしですよ。

内側からもきちんとケアしてくださいね。

肌ケア方法

大人ニキビの場合は、ニキビ用の化粧水に特化する必要はそれほどありません。

一番大切なのは、きちんと保湿をしてあげること

化粧水を使う場合は、コットンで5~10分ほどパックしてあげてください。

それでもニキビがよくならない場合は、

漢方のオウレンエキスをニキビに塗ると効果的です。

<オウゴンの効果>
・消炎作用
・抗菌作用
・保湿作用
・男性ホルモンを抑制
・皮脂分泌抑制

大人ニキビは、保湿と抗炎症の両方の作用があるものが効果的です。

オウゴン エキスはきちんと2つの作用がある優秀な成分です。

化粧品を選ぶときは、高濃度のオウゴンのエッセンスが含まれているものを使いましょう。

私がよく使うのは、

カガエ(KAGAE) ハーブ エッセンス オウゴン エキス

これは、オウゴンだけのエキスが凝縮したエッセンスです。

使い方をまとめると

・ニキビに直接塗る
・化粧水に数滴加える(ニキビ予防になります)

無香料で使いやすく、ニキビができたところに直接塗ります。

私の場合ですと、小さいニキビだと次の日には炎症が落ち着きました。

大きめのニキビだと2日後に腫れが引いていきました。

もちろん個人差はありますし、合う合わないもありますのでご留意くださいね。

美容液として使う他、化粧水と混ぜて使うことで

ニキビができにくい肌に育ててくのでおすすめです。

大人ニキビのケアをしたけどあまり良くならない場合は、

【10代・20代】のケア方法を試してみてくださいね。

これからもみなさんのニキビが治るために全力で応援します。

リンピオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました